ましろの働き方改革!

人材業界で働くましろが転職情報を発信しています。

2018年度版!『まずは3年?』『嫌ならすぐやめろ?』転職の良し悪し!

こんにちは。ましろです。

26歳を迎えました。もう立派なオトナですね。 同年代は言います。『あーアラサーだー』と。 何が嫌なんでしょうか。 年を取るのが嫌なんでしょうか。 f:id:yyusukekun:20180508180003p:plain

そして僕らの世代は何かと転職転職と言い出します。 結局そういう人は転職をしないのですが笑

しかし実際に悩んでいる人は多いみたいです。 そこで聞くのが

Q, やめるタイミングがわからない 友人A 

A,お前が決めろ 私

Q,3年って言うじゃない? 友人B

A, お前が決めろ 私

Q,いい仕事紹介して? 友人C

A,友達割引してません。 私

友人から相談されるケースベスト3の質問です。 転職に携わってますが、介入することは出来ませんし、 友達だからといって贔屓するつもりもないです笑

企業・転職者の縁があればの話だと思うからです。

ですが、転職が当たり前になりつつある時代、 戸惑うのも無理ないです。なので、僕が思う、 転職理由の良し悪しを考えてみました。

モラハラパワハラ・マタハラ

転職してもいいと思います。過度(頻度や第三者目線からみて)なハラスメントであれば転職理由として成り立つでしょう。

その際、相談窓口・弁護士などに相談することもおすすめします。

パワーハラスメントの場合、納得する理由であれば、自分の成長の為に残ってもいいと思います。もし入社前に話と大きく違ったのであれば話は違います。

面接では、本音から事実を言う方も多いと個人的には感じていますが、転職コンサルタントによれば、言い方を気をつけるようにというお話でした。

理由は志望度に直結しないからです。なんで志望しているのかを話す理由があります。

例えば

パワハラ・・・・ここ最近、売上重視に代わり、もっと顧客を考え、企業の発展に寄与したい。

休日出勤が多い、残業が多い

基本的に◯です。休みのない場合は転職理由として成立するでしょう。残業が多い場合『帰れない』『帰らせてくれない』なども 転職理由にもなりますが、例えば、納期があり、事前に調べれば残業もあることが分かっている場合は事前に十分理解していなかったことも非はあると思います。

休日出勤・・・・毎週休日出勤があり、スキルアップの時間を確保出来ませんでした。また体調を壊す社員も多く、生活と仕事のバランスを考えています。今後◯◯をしたい目標があり、御社を志望しました。

オペレーションに納得行かない

これに関しては転職理由としては弱いです。 教えてもらって当たり前ではどの会社でも活躍出来ません。 自立することから始めましょう。

友人も転職していい感じだし。

隣の芝は青い現象ですね!すごいよく聞きます。 しかしよく聞いてください。転職した方の5割は2年以内に再度転職をしています。本当にいい転職をしている人は、ほんの一握りで、 よく見えていても実は裏で苦労しているケースが多いです。

よく覚えておいてください。

仕事が向いていない

転職はおすすめしません。自分に自信がある方がよく陥ります。 仕事は出来ないことがおおいです。だからこそ現状を受け入れ、変わる努力をしてみてください。

軽く転職は出来ますが、最後の手段だと思ってください。

やりたい仕事が出来ない

転職はオススメしません。やりたい仕事と思っている大半の仕事内容は地味で、味気ないものだったりします。まずは結果をだしてからでも遅くないですし、『人生100年時代』といわれているので、親の世代よりも長く働くことになるでしょう。少しの遠回りがあってやりたい仕事に行くほうが、充実すると思います。

とにかく3年と働いたから

安易な転職は割けるべきです。8割~9割は年収や待遇が不十分な会社に転職をしています。こんなはずじゃなかった。これが現実です。

何か大きな理由があればまだしもない場合はまずは自分が将来どんな人生を送りたいか、人間になりたいか考えた上で転職を考えてみてください。

とりあえず3年の意味

企業が新卒・中途を一人採用する場合、いくら掛かると思いますか?

答えは200万から300万円かかってます。人材紹介ルートですと、 500万位かかってます。

新卒の場合は1人立ちするのに3年位かかりますよね。 いままで赤字だったのを黒字になるだろうという基準が3年ということです。

ただ、これは企業側都合で広まった話なので、絶対というわけではありません。

面接の基本 ①素直に答える(だいたい嘘は怪しまれます) ②ネガティブな転職理由をポジティブに変える ③印象良く!

最後に

今回は20代中盤の転職希望者に向けてお話でした。 僕の隣に転職コンサルタントがいまして、話を聞きながら 記事を作ってます笑

僕は企業側に立つことが多いのですが、転職者にもっと合う機会を増やして役に立つ情報を開示していけたらと思います!

今日もありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村