ましろの働き方改革!

人材業界で働くましろが転職情報を発信しています。

「ブラック」ならすぐに転職とはならない実態もある

実際に転職者とお会いすることも多い仕事柄、なんとなく顔の表情筋・雰囲気を確認してみたりするとその人のタイプがわかるようになってきました。

結果、ざっくり傾向ですが、転職がすぐ決まる人の傾向とその反対も見分けられるようにもなってきています。

あ、この人は人に好かれるから、あの社長好きそうだな!とか この人は、きっと面接落ちるんだろうなと。。。

面接で落ちる傾向にある人と話すと、ネガティブな意見を多くもらいます。見ている視点が違うので、刺激になることもありますが、 疲れることも多いです。。。

それでも彼らから学んだのは「転職先はいっぱいあるが、転職が出来ない事情がある」 ということでした。

今日はそれを記事にします。

ブラック企業から抜け出せないバッドスパイラル(時間)

ブラック企業とは何かの定義はいろいろありますが、それぞれ基準も違うため、ここでは何かというのは書きませんが、転職したいけど、出来ない方の言い分の傾向として、まず、平日の拘束時間が長く、とてもじゃないが、平日に転職活動が出来ないということでした。

ほとんどの企業は平日での面接が基本です。 しかし、テスト・一時面接・二次面接・最終面接・・・と何日も休むことなんて出来ない!一日だって難しいのに!という声がありました。

そしてお金もかかります。業界が違う場合はスーツ購入や、移動費ともろもろかかるそうです。

たしかにお金はかかります。そして時間もかかります。 すぐ決まる人は本当にすぐ決まるのですが、決まらないとお金と時間だけ消費するだけになり、結局転職が出来ない状況になります。

アドバイス

時間・お金が無い場合、どうやって転職活動をするのか、 ひとつは「転職コンサルタントに相談をするというのがひとつ手です。平日夜遅くから土日までやっている企業も多いので、探してみてください。 いろんな人材紹介企業があるので、自分にあいそうな企業を探してみてください。

いろんな人が転職会社の紹介をしていますが、アフィリエイト系も多いので、あてにすると痛い目にあいます。

自分で考えて選んでおいたほうが無難です。

失業保険(お金)

転職の正攻法は「転職先を見つけてから辞める」ということです。

しかし辞めてからでも転職は出来ます。しかしここでも「お金」が問題になりそうです。生活費も発生します。貯金が無い場合はとてもじゃありませんが暮らしていけません。

現在労働者の2~3割は貯金が無いというデータがあります。

2017年の「貯金なし世帯」は31.2%に news.mynavi.jp

そこで頼りになるのが、失業保険ですが、これ申請してから3ヵ月後とうのをご存知でしたでしょうか。

僕が休職をしたときもそうでした、傷病手当金を申請した3ヶ月位(厳密には4ヶ月)にやっと振り込まれました。その間は家賃や公共料金などの支払いに貯金を使ってましたが、2.3年目の貯金なんてたかが知れてます。調べれば出てきますが笑

僕も経験しましたが、給付金が支給される間はきつかったです。 あれ?死ぬほど・心が折れるまで働いて得た僕のお金がこんなにもすぐなくなるもの!!??と驚いたほどです笑

お金がなくなると確かに心配ではあります。

アドバイスですが、 隙間時間を見つけて活動 休日の面接設定 コンサルタントとの相談 最近では、スカイプ・Face Time等での面接もあります。 企業努力をされているところも多いので、ぜひご参考ください。

まとめると

今日は現実的なお話でした。転職にはお金がかかります。時間もかかります。そして何より、心理的負担が大きいです。

ちゃんとした答えもありません。。。。。

大変だと思いますが、もし何か出来ることがあれば、言ってください。

今日もありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村