ましろの働き方改革!

人材業界で働くましろが転職情報を発信しています。

上位校出身で出世できない人たちの特徴

こんにちは、ましろです。

はてなブログさんって面白いんですよね。尖ってる人・変わってる人・エンジニアが多い気がします。

彼らをみて僕は平凡だなと思ってたら、友人から、癖が強いよね。 変だよね。というか変だよね笑。という褒め言葉を貰いました。

生きててバンザイです。

ということで今日は、大手医療機器メーカーの新卒人事部長とお会いする機会がありました。

東大卒でも半数は課長レベルで人生を終える。

お話の中で彼の生い立ちや考えを聞くことが出来たのですが、 為になることも多く、現場の意見を聞くことが出来ました。

今日はその中で「上位校出身で出世できない人たちの特徴」をまとめた記事をまとめてみます。

頭が固い

「自分の頭で考える力はあるんだけど、他人の意見を効かない人は採用しても出世してないよね」 

知識量が多いだけ、自分の当たり前や常識が出来るんだけど、他の意見は耳を貸さないことが多いそうです。入社当初は能力の高さから一人で結果を出しても、すぐ周りに追い抜かれることが多い。成長する人は周りに助けを呼べる人間なんだそう。

コミュニケーションが出来ない

理論ばかり正当化すると、実際の現場で仕事をする際にうまくいかないことが多いそうだ。

考えると私の会社ではこんなことがあった。 営業時代、ある同期が上司のオペレーションに意義を唱えたのです。意義や反対意見は歓迎する会社ではあるが、あまりにも、全てを否定し、独自の理論と考えを説き、結局解決しないまま独断で行動を開始してしまい、上司だけではなく、部署全体の空気も悪くなり、個人数字も達成しないまま、最終的に会社のせいにして辞めていきました。

話し合いは相手をコケにしたり、全てを否定する必要はないのですが。。

話を聞きながら、あの辞めていった同期を思い出していました。

プライドが高い

負けること、失敗することはいけないことではないということです。

実行した「事・物」が間違っていただけです。

僕も失敗は嫌ですが、開き直ることが出来ました笑

問題はプライドが邪魔をして自分と向き合えないことで、いつまで経っても成長出来ないみたいです。

まとめ

お話をきいて思ったのは

『これ、学歴関係なく成長の邪魔になるものだね』

ということです。

会社なのである程度の配慮ある行動は必要ということでしょうね。

ちなみに上司に楯突いた僕の元同僚は会社を辞めて、 独立し、今は一人でトレーダーになってます。

俺。一人で金稼げるし   元同僚

久しぶりに電話するとそんなことを言っていました。 相変わらずでした。

今日もありがとうございました。