まっしろ

一年で一つ趣味を作ろう壮大なプロジェクトを行ってます笑

入社3年以内で辞める人たちの特徴をまとめてみた。

こんにちは。まっしろです。

新卒が入ってきましたね。受け入れは本当大変だと。入社4年目にして初めて学びました。1年目の時【伸びしろNO1社員】と揶揄されていた僕が初めて育成に入ります。

 

先輩に教えてもらいながらの準備ですが、研修している新卒をみていて不安です。速攻本屋に向かい【はじめての上司】という本を買いました笑

 

それはさておき、人材業界は人の入れ替えが激しい業界です。今まで多くの同期が止めていきました。みんなそれぞれ考えがあって辞めていくのですが、理由や背景にあるのは似通っているように思います。今日はそれを書き出してみます。

 

ちなみにですが、厚生労働相から出ている。3年以内で辞める割合は以下の通りです。

結構似通っていませんか?と個人的には思います。どう思いますか?

f:id:yyusukekun:20180405144051p:plain

厚生労働相 新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)

・変われない自分

働き方改革の拡大解釈でしょうか、自分はものすごく上の立場にいるようなものの見方とでも言うのでしょうか。仕事が出来ないのは周りが悪い、自分の環境は全然よくないんだ!なんてことを言っている社員はすぐ辞めていく傾向です。自分の考えが正しく、企業、自社、上司が悪い、僕・私は悪くないという考えがあるようです。たしかに若者の労働力はこれから更に貴重になっていきますが、入社当社から批判や文句ばかり言うのはどうかと思います。

 

難しいことですしそんな社員はいらないよ。という考えもあり、もしこのような社員がいて、将来を見越して辞めてほしくない場合は、受け入れながらも、根気強く育成に力を入れてあげましょう。

・隣の芝は青く見える

友人の企業・業界は待遇がよくてSNS投稿は毎日楽しそうだし、同期も転職していていいと言っているからなどの【いいところ】しか観ていない社員は結構すぐ辞めていきます。もしかしたら友人・同僚は転職して変わったのかも知れません。それで解決できるかもしれませんが、多くの場合は自分の取り組み方や、考え方に足りないところがあって、変れていない場合が多いです。

今の仕事がより自分にあった方法を見つけることで解決出来るなら、軽い気持ちで転職するよりも、仕事を続けたほうが良いと思います。

・希望職種に付けないから

企画が良かった。人事をやりたかった。海外支社に行きたかったのに、違う仕事。。。

と思っているかたもすぐ辞める傾向にあります。自分が1番活躍出来る仕事は◯◯職だと思い込んでいる方に多いです。結論そんなことはなく、僕はいつか新卒のような方たちを育成したいと考えていましたが、実際担当になってみると、想像以上に時間もかかります。思っていたのと違うこともしばしばあります。きっと初めから希望して職種に付きたい人たちは活躍は難しいと思います。実績を出してからでも良いですし、人生長いのだから、遠回りもいいと思いますよ。

・教えてもらって当たり前

同期にいました笑。僕はちゃんとしているのに、なんで上司は教えてくれないのか!配慮が無いのか!と怒っていました。そして辞めていきました。上司も自分の仕事がありますし、眼の前のことで手一杯のこともあるでしょう。もう学生ではなく社会人なので、自ら仕事を取りに行くことを主体的に動いてほしいです。そのマインドを教えることで変わると思います。

最後に

今までの自分の考え方を変えることが1番難しいことですが、3年以内で辞めていく人たちには共通してありました。

そして次の会社でも同じことをいいます。前の会社が良かった。ここも同じだと。

僕は自信がなく、また不器用でした。周りは優等生ばかりで能力が高い人達にかこまれていて、この先が不安でした。数年経つと彼らは辞めていました。不思議なものです。

僕は能力が高いわけではありません。1年前の営業成績は史上最低でした。しかし、

会社は僕を信じて新しい任務につけるようにしてくれました。本当に不思議なものです。

嫌な仕事もあるのが当たり前の社会人なんだから、嫌でも一旦考えて行動してやり切る。これが良いんかも知れません。あ、僕みたいにやりすぎは良くないですよ。

あと、パワーマネジメントは反対です笑

 

今日もありがとうございました。