ましろの働き方改革!

人材業界で働くましろが転職情報を発信しています。

先日の日経新聞を読んで「就活生」に向けるお願い。19卒

先週、ある大学の合同企業説明会の様子を見せてもらいました。

※この前あった学生の紹介です笑

f:id:yyusukekun:20180326140408p:plain

 

マーチレベルの大学なので、僕の大学より、企業の話によく耳を澄まして聞いている印象でした。3年生なのに髪の毛もスーツもいい感じで初々しいですね。

 

僕が就活をしていた時はもう4年も前か、という気持ちです。

メーカーや商社、不動産、建築と細かくブースに分かれていました。

そこで僕の採用となんとなく違うなと思うことがあり、記事にさせて頂きます。

 

 

それは、「給料・休日・福利厚生充実していますよ問題」です笑。

 

給料・休日・福利厚生が充実している分にはすごく良いことだと思います。昨今の「働き方改革」でワークライフバランスを見直すということを始めているので、学生もきっと、より待遇のいいところと思うでしょう。企業も少しづつ改革をしようと取り入れているところだと思います。

 

それと同時に人材不足といわれているので、若手の人集めは課題の1つだろうと推察します。応募が集まらないのも事実です。企業説明会に学生が集まらないこともよく聞きます。人事も大変だと思います。その今年の説明会をみて思うのです。

 

企業さん。採用の本質はどこにあるのでしょうか? 

学生さん。企業選びは慎重に!          ましろ

 

本当にそう思っちゃいました。ある企業さんは同業他社より◯◯の福利厚生が良いです。残業はありません!とか。。。。制度を全面に押している企業が目立ちました。

それが本当ならすごい会社です。人材不足に悩まされ仕事が終わらないという企業が多い中、残業が無く、他社より制度が充実しているなんてすごいなと感心しました。一方で思うのです。

 

 

そんな制度全面にだして入社した学生達は会社の利益を生んでくれるんでしょうか?

 

実際に入社して理想とギャップに苦しんで辞めてしまうなんて起きないだろうか。(定着問題)

何のための採用でしょうか。

目的は?と冷静に突っ込んでいる自分がいました。

まずは集まらないから人を集めるということをしたいのでしょうか。

 

 

先日の日経新聞

給料や福利厚生は大事です。先日の日経には以下のようなことが書いてありました、抜粋しています。

 

 卒業式が終わり、4月からは社会人となる。新しい環境に胸を躍らせたり、不安を抱いたりしているのではないだろうか。自分の強みを生かして社会に貢献したり、働く中で生きがいを見つけることも大切なことだが、働き始める前に知っていてほしいのが労働時間や給料などの基本だ。就職活動中やこれから就活を始める学生にも読んでもらいたい。 *1https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28500550T20C18A3TCL000/

 

確かに給料や労働時間は大事ですよ。そのとおりです。しっかり確認はしてください。しかし、他に見るべきポイントの方が大事じゃないかな。。。。と思います。

※もちろん、給与・労働時間っは基本的に見るべきポイントです。ブラック企業に入社して欲しいとは一切思っていません。

 

女性はライフステージの延長線上に出産・結婚という大きなイベントがあります。その時にどうなっているか心配だという学生もいました。確かにそのとおりです。その当たりはしっかり調べておく必要があるでしょう。

 

僕は仕事内容・給料・休日・福利厚生もろくに調べずこの会社に入社しましたので、過去の自分に言いたいですよ「バカヤロー調べとけ!」とね。それ以上に僕に言いたいです「直感で選んでくれてありがとう!」笑

 

4年目を迎える人材業界の人間が合同説明会・日経新聞を読んで思うことがあります。

企業さんと学生さんに伝えたい気持ちです。※こちらも個人的な意見です。ご了承ください。

 

■企業さん

新卒の入社決定~定着~活躍まで視野に入れているならば、説明会では福利厚生に力を入れて説明するのではなく、会社の成長や社員の成長を盛り込んだ説明をしたほうが良いのではないでしょうか。もし新卒の子が入社してきた時、「待遇が良いからこの会社にしました!」とかいわれたら、先輩方はどう思いますか?この子、大丈夫かな?ともいませんか?おそらく、他にいい制度の会社があれば、すぐそっちに行く社員になってしまいます。仕事をするということ。この会社で働くということは何か、という厳しいところも視野に入れた内容にしてほしいです。

 

■学生さん

制度のいい会社から選ぶのもいいですが、それだけでは危ういですよ!世界をリードしている企業の1つに「グーグル」さん挙げられます。確かに福利厚生が充実しています。その分社員さんはものすごく働いています。「労働時間」という概念が無い程働いていますよ。そして社員満足度はめちゃくちゃ高いです。そしてオフも権利として受け取っています。制度だけじゃなくやりがいや自分の目標や目的と会社のやっていることがリンクしているからこそ、そこまで出来ます。そういった会社を探してください。大手だからいいという時代はもうないですよ!!すぐ中国や韓国の企業に飲み込まれますよ!

yyusukekun.hatenadiary.jp

 

最後に

すみません。思いの丈で記事にしてしまいました。今の日本制度で人事は入社させれば終わりというのが現実です。そのため、なにがなんでも入社数を抑えるということに注力しがちなのかもしれません。採用をしてその方の活躍度合いで評価が決まるというのはあまり聞きません。よって、新卒の方が入社してギャップを感じてしまうことが怒ります。そうならないために、新卒の方はこの本を読んでください!笑

 

読んでくださりありがとうございます。

まっしろでした。


人気ブログランキング にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

*1:日本経済新聞 朝刊 本文より引用