ましろの働き方改革!

人材業界で働くましろが転職情報を発信しています。

優秀な人材ほど転職する話

会社辞めます。会社と家族に伝えると、退職慰留・反対されたことはありませんか?

f:id:yyusukekun:20180312141838p:plain

 
採用をしてもすぐ退職者が出ては会社も溜まったものではありません。また家族も将来が不安になるでしょう。巷では妻が転職を反対することを「嫁ブロック」というそうです。また「育てた優秀な人材」ほど転職をしてしまうという声も多く感じます。

 
3月は企業も新卒とともに、中途も活発化します。転職を考えて動いている方で会社に退職の意志を伝えると退職は留まって欲しいなど、会社側も引きとどめたいということもあると思います。売り手市場なので引き止めたいですよね。

 

※下記簡単に直近の転職者の現状が書いてあります。

総務省が2月17日に発表した16年の労働力調査では、転職者数が前年より8万人増えて306万人となり、09年(320万人)以来の高い水準で、リーマン・ショック前のピーク(346万人)に向けて着実な回復が進んでいるそうだ。2月18日の日本経済新聞電子版の記事より、

●転職者数に占める35歳以下の若年層の割合はこの10年で低下が続く。
●45~54歳の転職者数は50万人と、統計を遡れる02年以降で最多。人数ではまだ25~34歳(77万人)を下回っているが、3年間で10万人も増加しテンポが加速。背景にベテラン管理職らのニーズの高まり。
●人材紹介大手3社の紹介実績によると、41歳以上の転職者数は16年4~9月期に3108人。前年同期比で27.4%増、世代別では25歳以下に次いで高い伸び率。
●転職サイト「エン転職」では、小売りや流通での求人掲載数が17年1月期までの1年間で前年と比べて42%増加。コンビニエンスストアなどの店舗拡大に伴い、おもに店長として働く管理職人材のニーズが強い。
●インテリジェンスがまとめた1月の中途採用求人数は前年同月より23.4%多い約16万件で、26カ月連続で過去最高を更新。電気・機械の技術者が35%増、企画・管理も27.9%増。
日本電産は技術力の強化に向け、2年間で課長級以上約1000人を中途採用する方針。アシックスは海外事業の急拡大に合わせ、13年から管理職の中途採用を本格化。

日本経済新聞よりこのような内容がありましたので、

今回は「優秀な社員が転職する場合、どうしているのか」をお話します。伝えたい背景は企業側はどうすれば退職慰留することが出来るかを考えて欲しいためです。

 

※転職をする際は。。。辞めない選択肢もありますよ。

yyusukekun.hatenadiary.jp 

要約をすると

・退職意向の社員を引き止めたに入ったケースは7割を越えている。

・退職を引き止めるを聞き出すためには「拡大質問」

・退職慰留の成功率は10名に1名

 

 社員に引き止めた企業の割合は?


退職意向の社員に慰留をしたケースの割合です。背景にあるのは「優秀な人材」「育てた人材を手放したくないため」が大半の理由だそうです。 
グラフ退職慰留の心得。優秀な社員を引き留めるポイントとは?|エン人事のミカタ by エンジャパン|エン人事のミカタ by エンジャパン

 

「辞める理由」ではなく
「迷いの原因」をあぶり出せ!

「なぜ辞めるのか?」というよりもそれに至った背景などを聞いたほうがいいと思いますので、「どうかしたの?」「なにかあったのか?」などと大雑把にきくと、相手の迷いを聞き出す事ができるでしょう。ずいぶん悩まれたと思います。迷いを聞き出すことが、慰留の糸口が見えてくれるかも知れません。

最終的に辞めるに至っても、社員の辞める傾向を把握して、その改善が出来ます。

 

 

退職慰留が成功するおおよその確率は?

人事向けの情報サイトには10名に1人引き止めできるかというレベル。と

いうことでした。これを見ると可能性は低いですが、まったくないというわけではない事がわかります。

 

f:id:yyusukekun:20180312141259p:plain

退職慰留の心得。慰留対象になりやすいのは、優秀な若手・役職なし・営業職人材!|エン人事のミカタ by エンジャパン|エン人事のミカタ by エンジャパン

 

またこんな記事もあります。

退職をするということを伝えるのは「会社にNO」を突きつけるのと一緒で

そこから上手く会社に馴染めるのかという話でした。それだけ退職をすることは

大きなことだと記事にされています。

 

www.kandc.com

 

いかがだってでしょうか、転職が活発になってきている時代。

引き止めるのは容易なことではありません。社員の退職慰留は

これから重要になってくると思います。社員の本音が言える環境作りや

社内制度作りが大変ですが、離職率は減らせると思うと重要だと思います。